インペリテリ「Answer To The Master」

前作の「Victim of the System」に近い路線でのフルアルバム。とはいっても1曲3~4分の曲揃いでさらっと聴き終わってしまう。

■インペリテリ「Answer To The Master」曲目
01:The Future Is Black
02:Fly Away
03:Warrior
04:I’ll Wait
05:Hold the Line
06:Something’s Wrong with the World Today
07:Answer to the Master
08:Hungry Days
09:The King Is Rising

前作の「Victim of the System」に近い路線でのフルアルバム。とはいっても1曲3~4分の曲揃いでさらっと聴き終わってしまう。王道のハードロックという感じで、新鮮さやインパクトは弱め。インペリテリのギタープレイはソロになるといつものっという感じ。細かく聴くと曲はちょろちょろ他のジャンルや誰かに似たリフだったりのをプラスしてたりして面白い。あとは過去の曲っぽいのもあったり。良いアルバムだと思うが、何か一歩抜き出たのが欲しいと欲張ってしまうかな。

Answer to the Master – Wikipedia


インペリテリ「Victim of the System」

5曲入りのアルバムだが大好きで長い間聴いた一枚。ボーカルのロブ・ロックとインペリテリのギターと楽曲がうまく融合したアルバムだなと思う。

■インペリテリ「Victim of the System」曲目
01:Victim of the System
02:Visual Prison
03:Glory
04:Cross to Bear
05:The Young and the Ruthless

5曲入りのアルバムだが大好きで長い間聴いた一枚。ボーカルのロブ・ロックとインペリテリのギターと楽曲がうまく融合したアルバムだなと思う。スピードあるハードな曲から聞かせるスローな曲と良い感じ。

Victim Of The System


インペリテリ「Grin And Bear It」

前作のアルバム「Stand In Line」からボーカルがロブ・ロックに変わったのもあるが、インペリテリのギタープレイも速弾き一辺倒じゃなくなり・・

■「Grin And Bear It」曲目
01:When The Well Runs Dry
02:Ball And Chain
03:Wake Up Sally
04:Power Of Love
05:Under The Gun
06:Endless Nights
07:City’s On Fire
08:Grin & Bear It
09:Dance

前作のアルバム「Stand In Line」からボーカルがロブ・ロックに変わったのもあるが、インペリテリのギタープレイも速弾き一辺倒じゃなくなり、楽曲の一部になる感じで弾いてる感じか。逆にそれがインパクト薄くなったと思われる部分かも。ちょっとリズムがエクストーリム系が入ってたりと多彩なリズムを展開してて聴き応えあるアルバムの一枚だと思う。

Grin & Bear It


インペリテリ「Stand In Line」

ボーカルに元レインボー、MSG、アルカトラスと渡り歩いたグラハム・ボネットで制作されたインペリテリのアルバム。

■「Stand In Line」曲目
1:Stand in Line
2:Since You’ve Been Gone
3:Secret Lover
4:Somewhere Over the Rainbow
5:Tonight I Fly
6:White and Perfect
7:Leviathan
8:Goodnight and Goodbye
9:Playing with Fire

ボーカルに元レインボー、MSG、アルカトラスと渡り歩いたグラハム・ボネットで制作されたインペリテリのアルバム。当時はギターリストのクリス・インペリテリの速弾きがイングヴェイ越えとか、速弾きだけとか言われたりもしてたけど、ボーカルの良さと楽曲も良い感じでなかなかの出来のアルバムだと思う。インパクトを持たせる為に速弾きをこれでもかって入れたのだろうが、逆にどの曲も似たプレイに聞こえてしまうのが残念か。

スタンド・イン・ライン – Wikipedia

インペリテリ – Wikipedia


ハロウィン「Metal Jukebox」

ハロウィンが色んなジャンルの楽曲をカバーしたアルバム。

■ハロウィン「Metal Jukebox」曲目
01:He’s A Woman-She’s A Man(SCORPIONS)
02:Locomotive Breath(JETHRO TULL)
03:Lay All Your Love On Me(ABBA)
04:Space Oddity(DAVID BOWIE)
05:From Out Of Nowhere(FAITH NO MORE)
06:All My Loving(THE BEATLES)
07:Hocus Pocus(FOCUS)
08:Faith Healer(THE SENSATIONAL ALEX HARVEY BAND)
09:Juggernaut(FRANK MARINO)
10:White Room(CREAM)
11:Mexican(Babe Ruth)
12:Rat Bat Blue(DEEP PURPLE)(日本盤ボーナス・トラック)

ハロウィンが色んなジャンルの楽曲をカバーしたアルバム。1曲目はスコーピオンズから始まりアバやデビッドボーイやビートルズやクリームなど有名なバンドなどの楽曲など。どの曲もオリジナルの楽曲をハロウィン味で表現してる感じ。まぁファン向けという感じだろうが、どれもメタルという音にせずメンバーの表現力の広さを感じるアルバムだと思う。

ジュークボックス (ハロウィンのアルバム) – Wikipedia


ハロウィン「Where The Rain Grows」シングル

アルバム「Master Of The Rings」からのシングル。4曲目が以外にツインギターのソロが良い感じ。

■「Where The Rain Grows」シングル曲目
01:Where The Rain Grows
02:Mr. Ego (Take Me Down)
03:Can’t Fight Your Desire
04:Star Invasion

アルバム「Master Of The Rings」からのシングル。1,2曲目はアルバムに入っていて、3曲目は日本のボーナストラックに入ってたので、4曲目が入ってなかった曲。4曲目が以外にツインギターのソロが良い感じ。


ハロウィン「GAMBLING WITH THE DEVIL」

キタキター!!ってな感じの曲Kill It(正確には2曲目)で始まるアルバム。4曲目で一呼吸入れてからちょっとダレる感じに。

■「GAMBLING WITH THE DEVIL」DISC1曲目
01:Crack the Riddle
02:Kill It
03:The Saints
04:As Long As I Fall
05:Paint a New World
06:Final Fortune
07:The Bells of the Seven Hells
08:Fallen to Pieces
09:I.M.E.
10: Can Do It
11:Dreambound
12:Heaven Tells No Lies
13:We Unite(ボーナストラック)

□DISC2曲目
01:See The Night
02:As Long As I Fall(Demo)

キタキター!!ってな感じの曲Kill It(正確には2曲目)で始まるアルバム。4曲目で一呼吸入れてからちょっとダレる感じに。そこから何か普通のハードロックよりに。個人的には前半の数曲と後半の数曲が好きかな。毎回ハロウィンのアルバムで思うのは曲順のもったいなさか。よい曲が偏ってもったいない感じかなと。

ギャンブリング・ウィズ・ザ・デヴィル – Wikipedia


ハロウィン「Rabbit Don’t Come Easy」

ギターリストとドラムのメンバーが交代後のアルバム。1曲目の出だしはまた昔のハロウィンという感じの曲かと思うも前奏だけで、ギターサウンドが普通のハードロックという感じに。

■「Rabbit Don’t Come Easy」曲目
01:Just A Little Sign
02:Open Your Life
03:The Tune
04:Never Be A Star
05:Liar
06:Sun 4 The World
07:Don’t Stop Being Crazy
08:Do You Feel Good
09:Hell Was Made In Heaven
10:Back Against The Wall
11:Listen To The Flies
12:Nothing To Say
13:Fast As A Shark x

ギターリストとドラムのメンバーが交代後のアルバム。1曲目の出だしはまた昔のハロウィンという感じの曲かと思うも前奏だけで、ギターサウンドが普通のハードロックという感じに。ただ、スピード感や全体はハロウィンという色付けされてる感じか。個人的にはドラムが良い感じかなと思うアルバム。過去のハロウィンを知らなければ十分良い出来の楽曲だしアルバムだと思う。

ラビット・ドント・カム・イージー – Wikipedia


ハロウィン「The Dark Ride」

ハロウィンがまたちょっと・・という流れに感じるも、ミックスの仕方や曲順で違うように聞こえるかな。

■「The Dark Ride」曲目
01:Beyond The Portal
02:All Over The Nations
03:Mr. Torture
04:Escalation 666
05:Mirror, Mirror
06:If I Could Fly
07:Salvation
08:The Departed (Sun Is Going Down)
09:I Live For Your Pain
10:We Damn The Night
11:Immortal
12:The Dark Ride
13:The Madness Of The Crowds

ハロウィンがまたちょっと・・という流れに感じるも、ミックスの仕方や曲順で違うように聞こえるかな。ギター音が小綺麗な音だったりダウンチューニングによる重さのある曲とか。ちょっと時代に合わせた感じの音作りしてる。それによって何か「らしさ」がなく薄れて聞こえてしまうかもというアルバムかも。

ダーク・ライド – Wikipedia


ハロウィン「Better Than Raw」

前作「The Time of the Oath」が名盤と言えるほど良かったのだが、このアルバムではパワーを増した感じで良いアルバム。

■「Better Than Raw」曲目
01. Deliberately Limited Prem
02. Push
03. Falling Higher
04. Hey Lord!
05. Don’t Spit on My Mind
06. Revelation
07. Time
08. I Can
09. Handful of Pain
10. Lavdate Dominvm
11. Back on the Ground
12. Midnight Sun

前作「The Time of the Oath」が名盤と言えるほど良かったのだが、このアルバムではパワーを増した感じで良いアルバム。ヴォーカルのアンディ・デリスがハイトーンでがんばる2曲目Pushなんかスゲーと思ってしまう。こういう歌い方も出来るのかと。ギターもダウンチューニングで重さを出してるが、今までのハロウィンという感じで良いです。

ベター・ザン・ロウ – Wikipedia