ジューダス・プリースト「Painkiller」

自分の中では「Defenders of the Faith(背徳の掟)」に次ぐ名盤の一枚かなと思う「Painkiller」。

■「Painkiller」曲目
01:Painkiller
02:Hell Patrol
03:All Guns Blazing
04:Leather Rebel
05:Metal Meltdown
06:Night Crawler
07:Between the Hammer & the Anvil
08:A Touch of Evil
09:Battle Hymn
10:One Shot at Glory

自分の中では「Defenders of the Faith(背徳の掟)」に次ぐ名盤の一枚かなと思う「Painkiller」。1曲目のアルバムタイトルにもなっているヘビーで早い曲のPainkillerは名曲だと思う。YouTubeでも演奏コピーが多々あるし。逆に残りの曲の印象が薄くなるという、ある意味欠点になるほどか。

ジューダス・プリースト – Wikipedia


ジューダス・プリースト「Turbo」

前作までのギターゴリゴリのサウンドからギターシンセサイザーを多用したアルバムに。

■「Turbo」曲目
01:Turbo Lover
02:Locked In
03:Private Property
04:Parental Guidance
05:Rock You All Around the World
06:Out in the Cold
07:Wild Nights, Hot & Crazy Days
08:Hot for Love
09:Reckless

前作までのギターゴリゴリのサウンドからギターシンセサイザーを多用したアルバムに。楽曲もトータルサウンドもポップな感じに聞こえてしまう。当時、他のギターリスト達もシンセを使い始めてたので時代だったと思う。結局はあまり聞き手に受け入れられずという感じでフェードアウト。ただ、ギタープレイはツインギターでの掛け合いもあるのが救いかな。

ジューダス・プリースト – Wikipedia


ジューダス・プリースト「Defenders of the Faith(背徳の掟)」

名盤の一枚「Defenders of the Faith(背徳の掟)。ジューダス・プリーストを初めて聴いたアルバムとギターを弾き始めた時期にコピーするのに必死だった一枚。

■Defenders of the Faith(背徳の掟)の曲目
01:Freewheel Burning
02:Jawbreaker
03:Rock Hard Ride Free
04:The Sentinel
05:Love Bites
06:Eat Me Alive
07:Some Heads Are Gonna Roll (Robert Halligan, Jr.)
08:Night Comes Down
09:Heavy Duty
10:Defenders of the Faith
11:Turn On Your Light (Bonus Track)
12:Heavy Duty-Defenders Of The Faith (LIVE)(Bonus Track)

名盤の一枚「Defenders of the Faith(背徳の掟)。ジューダス・プリーストを初めて聴いたアルバムとギターを弾き始めた時期にコピーするのに必死だった一枚。当時も弾けなかったけど、リズムやソロどっちもなかなかの難しさのプレイばかり。そういう思い入れもあって、ジューダス・プリーストでお勧めするアルバムの一枚になっている。ギターコピーしたいならまずは前作の復讐の叫びの方がしやすいかも。

ジューダス・プリースト – Wikipedia


ジューダス・プリースト「Screaming For Vengeance(復讐の叫び)」

名盤としてあげる人が多い一枚。今のジューダス・プリーストからという人も聴いて損はないと思うのでお勧めです。

■「Screaming For Vengeance(復讐の叫び)」曲目
01:The Hellion
02:Electric Eye
03:Riding On The Wind
04:Bloodstone
05:(Take These) Chains
06:Pain and Pleasure
07:Screaming For Vengeance
08:You’ve Got Another Thing Comin’
09:Fever
10:Devil’s Child

名盤としてあげる人が多い一枚。自分は最初にDefenders of the Faithを聴いて名盤と思ってたので、どうしても印象としては次になってしまうけど。まず今のジューダス・プリーストからという人も、この2枚は聴いて損はないと思うのでお勧めです。

ジューダス・プリースト – Wikipedia


ジューダス・プリースト「British Steel」

リアルタイムでは聞いてなく後々買って聞いたアルバムだけど、ポップなメロディとハードなサウンドがなかなか良い感じで融合した一枚かなと思う。

■ジューダス・プリースト「British Steel」曲目
01:Breaking The Law
02:Rapid Fire
03:Metal Gods
04:Grinder
05:United
06:Living After Midnight
07:Don’t Have To Be Old To Be Wise
08:The Rage
09:Steeler

リアルタイムでは聞いてなく後々買って聞いたアルバムだけど、ポップなメロディとハードなサウンドがなかなか良い感じで融合した一枚かなと思う。あとこの当時のギターサウンドがチューブアンプという感じで結構好き。

ジューダス・プリースト – Wikipedia