シンデレラ「Still Climbing」

4枚目のアルバム。今までのアルバムと楽曲は大きく変わってないけど何か違う。タイトになった感じを受けるのはドラマーが代わったからか?



Still Climbing

■「Still Climbing」曲目
1. Bad Attitude Shuffle
2. All Comes Down
3. Talk Is Cheap
4. Hard To Find The Words
5. Blood From A Stone
6. Still Climbing
7. Free Wheelin
8. Through The Rain
9. Easy Come Easy Go
10. The Road’s Still Long
11. Hot And Bothered

4枚目のアルバム。今までのアルバムと楽曲は大きく変わってないけど何か違う。タイトになった感じを受けるのはドラマーが代わったからか? あとブルースっぽさが少し下がった感じで、濃く味が薄くなった感じの音にになり方向性が見えないアルバムに。でも、時代が悪かったのもあるかも。特に向こうでは売れる音楽に傾くことが多いしね。

PR 名盤、名曲を探す

シンデレラ「Long Cold Winter」

ファーストアルバムのLAメタル調から一気にブルースよりになったセカンドアルバム。当時は思いっきり変わったなと思ったけど、改めて聞いてみると基本は大きく変わってない感じを受ける。



Long Cold Winter

■「Long Cold Winter」曲目
1. Bad Seamstress Blues Fallin’ Apart At The Seams
2. Gypsy Road
3. Don’t Know What You Got (Till It’s Gone)
4. The Last Mile
5. Second Wind
6. Long Cold Winter
7. If You Don’t Like It
8. Coming Home
9. Fire And Ice
10. Take Me Back

ファーストアルバムのLAメタル調から一気にブルースよりになったセカンドアルバム。当時は思いっきり変わったなと思ったけど、改めて聞いてみると基本は大きく変わってない感じを受ける。サウンド、楽曲と前よりは完成度高いアルバムになり名盤の一枚。トム・キーファーの絞り出すような歌声は本当最高。

PR 名盤、名曲を探す

シンデレラ「Night Songs」

当時はかなり聴いてたアルバムの一枚。楽曲もシンプルでギタープレイもカッコイイリフだしコピーしやすいのもあった。そしてヴォーカルのトム・キーファーの魅力ある歌、これに尽きる。



Night Songs

■「Night Songs」曲目
1. Night Songs
2. Shake Me
3. Nobody’s Fool
4. Nothin’ For Nothin’
5. Once Around The Ride
6. Hell On Wheels
7. Somebody Save Me
8. In From The Outside
9. Push, Push
10. Back Home Again

当時はかなり聴いてたアルバムの一枚。楽曲もシンプルでギタープレイもカッコイイリフだしコピーしやすいのもあった。そしてヴォーカルのトム・キーファーの魅力ある歌、これに尽きる。セカンドアルバムからブルースに傾いたが、当時はLAメタルが中心だったのもあってこのアルバムもその傾向だけど、これはこれで最高だと思う名盤の一枚。

シンデレラ (バンド) – Wikipedia

PR 名盤、名曲を探す