ゲイリー・ムーア「Dark days in Paradise」

ハードロックからブルースに走ってたゲイリームーアだったけど、ここに来てまた新たな路線に。


Dark Days in Paradise

■「Dark days in Paradise」曲目
1. One Good Reason
2. Cold Wind Blows
3. I Have Found My Love In You
4. One Fine Day
5. Like Angels
6. What Are We Here For
7. Always There For You
8. Afraid Of Tomorrow
9. Where Did We Go Wrong
10. Business As Usual

ハードロックからブルースに走ってたゲイリームーアだったけど、ここに来てまた新たな路線に。でも、ゲイリームーアと思って聞かなければ何か爽やかな曲だったり良い曲もあって評価が難しい。


ドッケン「Shadowlife」

時代の影響か?グランジ風のアルバム。過去のドッケン好きからすると・・のアルバムか。


シャドウライフ

■「Shadowlife」曲順
1. Puppet On A String
2. Cracks In The Ground
3. Sky Beneath My Feet
4. Until I Know
5. Hello
6. Convenience Store Messiah
7. I Feel
8. Here I Stand
9. Hard To Believe
10. Sweet Life
11. Bitter Regret
12. I Don’t Mind
13. Until I Know (Slight Return)
14. How Many Lives (日本盤ボーナス・トラック)
15. Deep Waters (日本盤ボーナス・トラック)

時代の影響か?グランジ風のアルバム。過去のドッケン好きからすると・・のアルバムか。ジョージ・リンチのギターソロは何かこっちに伝わるメロディラインじゃないのが多いし。ドン・ドッケンの声もダークな感じだけど、どうしてもいい声の部分がない感じに聞こえる。


アンディ・デリス「Come In From The Rain」

アンディ・デリスのソロアルバム。PINK CREAM 69、HELLOWEEN好きとしては彼のヴォーカルが大好き。楽曲もギターはヘビーではないけど世界観は似たようなもの。


Come in from the Rain

■「Come In From The Rain」曲目
1. House Of Pleasure
2. Come In From The Rain
3. Think Higher!
4. Good Bye Jenny
5. King Of 7 Eyes
6. Foreign Rainbow
7. Somewhere, Someday, Somew
8. They Wait
9. Now That I Know This Ain’
10. Could I Leave Forever
11. 1000 Years Away

アンディ・デリスのソロアルバム。PINK CREAM 69、HELLOWEEN好きとしては彼のヴォーカルが大好き。楽曲もギターはヘビーではないけど世界観は似たようなもの。アンディ・デリスの作曲とヴォーカルの才能と堪能できる一枚。ソロになるといまいちのパターンが多いけど、これは良いアルバム。

日本版のほうが1曲多い「カム・イン・フロム・ザ・レイン

アンディ・デリス – Wikipedia


Aerosmith「Nine Lives」

インド音楽に影響受けたんだろうなとわかる4曲目のTaste Of India。他曲ではそういうのがほとんどなく、軽く楽器類をうまく使ってるのがあるぐらいで毎度のエアロ節。


Nine Lives [ENHANCED CD]

■「Nine Lives」曲目
1. Nine Lives
2. Falling In Love (Is Hard On The Knees)
3. Hole In My Soul
4. Taste Of India
5. Full Circle
6. Something’s Gotta Give
7. Ain’t That A Bitch
8. The Farm
9. Crash
10. Kiss Your Past Goodbye
11. Pink
12. Attitude Adjustment
13. Fallen Angels

インド音楽に影響受けたんだろうなとわかる4曲目のTaste Of India。他曲ではそういうのがほとんどなく、軽く楽器類をうまく使ってるのがあるぐらいで毎度のエアロ節。