ハロウィン「Better Than Raw」

前作「The Time of the Oath」が名盤と言えるほど良かったのだが、このアルバムではパワーを増した感じで良いアルバム。

■「Better Than Raw」曲目
01. Deliberately Limited Prem
02. Push
03. Falling Higher
04. Hey Lord!
05. Don’t Spit on My Mind
06. Revelation
07. Time
08. I Can
09. Handful of Pain
10. Lavdate Dominvm
11. Back on the Ground
12. Midnight Sun

前作「The Time of the Oath」が名盤と言えるほど良かったのだが、このアルバムではパワーを増した感じで良いアルバム。ヴォーカルのアンディ・デリスがハイトーンでがんばる2曲目Pushなんかスゲーと思ってしまう。こういう歌い方も出来るのかと。ギターもダウンチューニングで重さを出してるが、今までのハロウィンという感じで良いです。

ベター・ザン・ロウ – Wikipedia


ファイアーハウス「Category 5」

Good Acousticsという名盤出した後のアルバムだから大変だろうなと思っていたが、ミドルテンポで大人になった感じに。


Category 5

■「Category 5」曲目
1. Can’t Stop The Pain
2. Acid Rain
3. Bringing Me Down
4. Dream
5. Get Ready
6. If It Changes
7. The Day, The Week, The Weather
8. The Nights Were Young
9. Have Mercy
10. I’d Do Anything
11. Arrow Through My Heart
12. Life Goes On

Good Acousticsという名盤出した後のアルバムだから大変だろうなと思っていたが、ミドルテンポで大人になった感じに。全体的にカントリー色を多く出して来てるが何曲かはハードロック色というアルバム。どうせなら思い切ってカントリー前面のアルバム作ったほうがアルバムとしての完成度は上がった気がするような気も。一曲一曲は悪くないんだけどね・・。あとラスト12曲目は面白い企みだけど、今回のアルバム色とずれてるような。


フィア・ファクトリー「Obsolete」

スラッシュ、デスメタル系のバンドでいいのかな。ギターのリズムなんかは自分は結構好きだったりする。


Obsolete (Coll Edt Digipak)

■「Obsolete」曲目
1. Shock
2. Edgecrusher
3. Smasher/Devourer
4. Securitron (Police State 2000)
5. Descent
6. Hi-Tech Hate
7. Freedom Or Fire
8. Obsolete
9. Resurrection
10. Timelessness
11. Cars
12. 0-0 (Where Evil Dwells)
13. Soulwound
14. Messiah
15. Concreto

スラッシュ、デスメタル系のバンドでいいのかな。ギターのリズムなんかは自分は結構好きだったりする。小刻みにミュートしてリズムを弾いたり叩くという感じの弾き方は面白い。実際弾くと結構難しそう。それ風には弾けるかも知れないがリズム感とテクはかなり必要かな。手持ちのCDは12曲なので残り3曲は聞いてない。

フィア・ファクトリー – Wikipedia


ブラインド・ガーディアン「Nightfall in Middle Earth」

22曲と多いが曲間に短いのが入ってるので実際はもっと少ない。どうせならくっ付けてくれたほうがシャッフルして聴くときとか良いのだが・・。


Nightfall in Middle Earth

■「Nightfall in Middle Earth」曲目
1. War Of Wrath
2. Into The Storm
3. Lammoth
4. Nightfall
5. The Minstrel
6. The Curse Of Feanor
7. Captured
8. Blood Tears
9. Mirror Mirror
10. Face The Truth
11. Noldor (Dead Winter Reigns)
12. Battle Of Sudden Flame
13. Time Stands Still (At The Iron Hill)
14. The Dark Elf
15. Thorn
16. The Eldar
17. Nom The Wise
18. When Sorrow Sang
19. Out On The Water
20. The Steadfast
21. A Dark Passage
22. Final Chapter (Thus Ends…)

22曲と多いが曲間に短いのが入ってるので実際はもっと少ない。どうせならくっ付けてくれたほうがシャッフルして聴くときとか良いのだが・・。まぁそういう作りのアルバム。サウンドの方はどうも全体的に小奇麗にまとめてる。それでも2、4曲目とかはけっこう好き。

手元にあるアルバムでは23と24曲目ありので、A Dark Passage (Instrumental Version)とNightfall (Orchestral Version)が入ってる。


アンスラックス「Volume 8 – The Threat Is Real」

このアルバムではスラッシュメタルという枠に囚われない楽曲もあり多彩になっている。


Volume 8: The Threat Is Real

■「Volume 8 – The Threat Is Real」曲目
1. CRUSH
2. CATHARSIS
3. INSIDE OUT
4. P&V
5. 604 TOAST TO THE EXTRAS
6. TOAST TO THE EXTRAS
7. BORN AGAIN IDIOT
8. KILLING BOX
9. HARMS WAY
10. HOG TIED
11. BIG FAT
12. CUPAJOE
13. ALPHA MALE
14. STEALING FROM A THIEF
15. PIECES
16. GIVING THE HORNS
17. THE BENDS
18. SNAP / I’D RATHER BE SLEEPING

このアルバムではスラッシュメタルという枠に囚われない楽曲もあり多彩になっている。とは言っても、基本はザクザクしたギターサウンド。