ブラック・レーベル・ソサイアティ「Shot to Hell」

ブラック・レーベル・ソサイアティ (Black Label Society) はザック・ワイルド中心のバンド。


Shot to Hell

■「Shot to Hell」曲目
1. Concrete Jungle
2. Black Mass Reverends
3. Blacked Out World
4. The Last Goodbye
5. Give Yourself To Me
6. Nothing’s The Same
7. Hell Is High
8. New Religion
9. Sick Of It All
10. Faith Is Blind
11. Blood Is Thicker Than Water
12. Devil’s Dime
13. Lead Me To Your Door

ブラック・レーベル・ソサイアティ (Black Label Society) はザック・ワイルド中心のバンド。ザックといえばオジー・オズボーンのギターリストに抜擢されてから名を広めましたが、このアルバムを最初聴いたときオジーっぽさが染み出ておりヴォーカルはあまり知らない人だったらオジー?と思ってしまうほど。やはり長年オジーの隣で弾いてたのもあり影響受けてるんだろうな。ギターサウンドやプレイの方はズシズシと重くザックらしさのビブラートなどもあり。

ブラック・レーベル・ソサイアティ – Wikipedia